2006年10月13日

資料請求からはじまる有料老人ホーム探し

無料で、ご予算に応じた有料老人ホームの

」→「比較」→「一括資料請求」が可能です。

施設見学をお申し込みの場合は、プレゼント贈呈

資料請求からはじまる有料老人ホーム探し『シニアビレッジ』



▼間取り、予算、地域などご希望の条件から
    無料で資料を一括請求することが出来ます。

認知症対応、医療処置などが出来る施設
    シニアビレッジなら、すぐ見つかります。

対象は

・有料老人ホームを現に探しているお知り合い、ご家族等がいらっしゃること

・有料老人ホーム入居ご希望者様が65歳以上であること

・お探しのエリアが、関東または静岡県であること

上記三点を満たしている場合のみ有効です。



posted by iiuchi at 20:21| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 有料老人ホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欠陥住宅の見分け方

欠陥住宅の見分け方!!

建築のプロでも気付かない見分け方教えます!


このサイトは一戸建ての新築住宅やマンションや土地を購入する際に、新築の住居・住宅・住まいが 買った後に後悔する事のない様に見分ける方法がある事をお知らせするものです。

この見分け方 「欠陥住宅の見分け方」 を参考にすればれば、かなりの高い確率で見分ける事が可能です。

欠陥住宅の見分け方

建築物そのものの偽装や偽造や欠陥や手抜き箇所を見つけるためのものではなく、あなたを騙してやろうとする様な住宅販売会社や工務店の人を判定する為のノウハウを記載しています。

欠陥住宅を造る会社や人間を見分ける事が出来れば、建物を見なくても良い事になります。


建物の細部を見る必要が無いという事になります。


既に建ってしまった住まいの具体的な欠陥場所は素人には建ってしまってからは見つけるのは元々困難です。



建築の専門家でも気付いていない独特の視点から見分けます。

専門家特有の技術的な観点からだけではとても見えない奥を見通せます。

建築の専門家の見方と併用すれば完璧になるでしょう。

手抜きを素人に判らないようにするのが彼ら住宅販売会社や工務店の重要な仕事の一つになっています。

こういう住宅建築会社は金儲けが第一ですので、逆にとても分かり易い特定のパターンがあります。

この点に注視すれば、欠陥住宅・マンションを簡単に判定出来ます。

陶器や絵画や建築物に限らず、人が作る物には、作る作者の心や人間性が表れています。

人を見れば作品が判ります。

いかがわしい建設・建築物という作品の表面には内外装で偽装が施されているので、表面から見分けるには知識と経験と勘が必要です。


欠陥住宅の見分け方

 では経験と勘は必要ありません。


やっと買った新築マンションや注文住宅がローンを払い終わる前に寿命が来るなんていうのを買ってしまう心配はありません。

家族と、安全、安心、くつろぎのある、落ち着ける、安らぎの、マイホームを築ける家造りは簡単に得ることができます。

マンションや住宅の購入に不安や心配を感じる人には絶対必要な知識です。



一時ニュースになった耐震強度偽装・欠陥マンション。

住宅や崖の構造体にまで飛び火していますが、まだまだ実際の隠れた欠陥建築物はこれだけでは終わりません。

インターネット上で、「欠陥住宅」や 「欠陥マンション」や 「住宅トラブル」や 「住宅・裁判」などのキーワードで検索してみると、凄い状態になっています。

今回は姉歯・ヒューザー事件がニュースになりましたが、他、ニュースになっていないだけの事でそれはもう数え切れない数の裁判があります。




あなたの知り合いに専門家といわれる人が居たとしても、専門の分野が広過ぎて、一般の住宅の建築設計や住宅設計に於いてはともかく、造成時に於いての土木工事の手抜き工事まで視通すのはとても困難です。

たとへ新築時にはまだ良いとしても20年後にあなたが買ったマンションの建設会社が存在してないと、困った事になりかねません。




20年後にも、ちゃんと続いているような住宅販売会社かどうか見極める方法をあなたはご存知ですか。?

建築の専門家でも未来の経営まで見通すのはまず無理でしょう。

住宅設計に手抜きをやる住宅建設会社かどうかを
前もって判断出来ます。




あなたが判断をするのにお金はかかりません。

専門の検査会社に頼むと、無料では済みません。

マンションでいえば、100万円近い料金がかかるとさえ言われています。

この値段を見てどう思いますか?。

バカにしているとは思いませんか?。

検査会社ですらこのように金儲け主義の固まりです。

それにこの検査会社が信用出来ません。


ただ金だけ取って何もしてこなかった体質が染み込んでいます。

それに、建築・建設会社とグルの可能性が強くてとても信用出来るレベルにありません。

では、いったいどうしたら建築に素人のあなたに失敗の無い買い物が出来るのか不安になられた事でしょう。



それには私が提唱する方法 「欠陥住宅見分け方」 でしか、判別する方法はありません。


他にこれほど安全で安心出来る、マンションや住居・住宅・住まいの欠陥の見分け方はありません。

たとえ建築家の図面や構造計算は合格でも、工務店や建築・建設施工会社が手抜きをしています。


欠陥住宅見分け方
こちら↓↓↓





↓あなたもインフォカートのアフィリエイトに参加できます。↓
SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート
posted by iiuchi at 11:16| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 欠陥住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。